看護師の仕事と専門看護師の必要性とは?

看護師の仕事は、医師が診療している時のサポートや、入院している患者さんや、在宅で療養している方の日常生活の援助や看護などです。
診療のサポートでは医師の指示に従って注射や点滴、検査などを行い、生活援助としては、食事や排泄や入浴の介助、体位変換、患者さんの移動介助などを行います。
在宅で処置が必要な方には、医師の指示の元処置を行います。
またそれらを記録し、医師に伝えたり、医療スタッフとカンファレンスを行ったり、より良いケアが行えるように務める事も大事です。
中にはケアが大変な患者さんもおられ、対応が難しくなりますが、こういった状況に対応出来るように、専門分野に於いては、もっとレベルを上げた看護が出来る専門看護師もいる事をご存知でしょうか。
看護師をリードする専門看護師は現在まだ1000人を超えた程度ですが、水準の高い看護が出来る方がもっと増えて、患者さんの安心に繋がるようになって欲しいです。