「オプション取引」と「為替」の関係

日本語で「選択権付き通貨先物予約取引」と呼ばれるものがあります。
これは為替オプションのことになります。
結構わかりにくいと言う人が多いみたいですね。
為替を売買する権利自体を取引の対象としています。
この売買では、為替の売買は発生していません。
言い換えると、つまり、実体のないもので取引をしている事になります。
もちろん、為替にも本当の所は実体がないと言うことです。
為替の売買差益を狙う証拠金取引についてですが、出したお金の数倍の取引をしています。
オプション取引についてですが、これは将来の特定の日に為替を売買する権利を取引の対象です。
それでは、どのような時にオプション取引が有効なのでしょう!? まず為替取引の危険を分散させることですね。
そう思います。
為替が予想外に変動した時の為に、オプション取引と二股をかけておきます。
どちらかは必ず利益が出るようにしておきましょう。
もちろん、このようなやり方では十分利益を得ることは出来ません。
それから次に、オプション取引単独で利益を上げる方法があります。
一般の人が取引をするのは「バイナリーオプション」と言います。
これは限定的なオプション取引となります。
外れると価値は0円と言うことになります。
もちろん、為替取引には「ハイリスクハイリターンの賭け」の要素があります。