最新の家庭用脱毛器は高性能?効果高いけど使い方に要注意?

1番身近な脱毛器具といえばなんといっても毛抜きですよね。

女子高では授業中、指毛を抜いたりすることはよくあると女子高卒のタレントさんたちがテレビで話していました。

次に思いつくのはガムテープでしょうか。

すね毛をガムテープで一掃しようとしたことがある人も多いと思います。

あとは脱毛器具とは言えないかもしれませんが、除毛スプレーというのも手軽にできるムダ毛処理法の1つです。

最近ではブラジリアンワックスという脱毛法も利用者が多いですね。

ブラジリアンワックスという脱毛法はアンダーヘアの脱毛に採用されていたのですが、鼻毛の脱毛をブラジリアンワックスで行っているという人も増えてきました。

家庭用脱毛器なら、光脱毛が最近の主流です。

5万前後で購入できますし、脱毛サロンに行くよりも手間も費用もお手軽です。

医療脱毛ではレーザー脱毛が使われますが、唯一永久脱毛を謳えるだけあって脱毛効果は高いのですが痛みと費用がネックになっています。

ソイエやアミューレで知られる脱毛器は、脱毛方式は泡脱毛です。

泡がムダ毛を絡め取る働きをするので、かかってしまう肌への負担は軽減され、痛みが軽減されます。

気を付けなければならないのは、脱毛の部位によって差があるということで、方法としては毛を挟むといったものなので、痛みが我慢できないという人には注意が必要です。

処理後に気になってくるのは肌が赤くなる人が大半です。

市販されている脱毛器は、使用者の安全が確認された上で販売されているものですが、誤った使用ではやけどや炎症などの肌トラブルを招きます。

取扱説明書や別添の書類があればそれらもよく読んで、説明に沿った使い方をするよう心がけましょう。

とくに光脱毛タイプの脱毛器の場合は、説明書に書かれている方法を守ったほうが良いです。

効果が遅れてやってくるので、説明書通りにしないと、つい使いすぎてダメージを与えてしまう場合があるからです。

また、脱毛後の肌のお手入れだけでなく、脱毛器の始末も説明書通りに行えば大丈夫です。

モーパプロは、家庭で使うことが可能な光脱毛器なんですが、単なる脱毛器とは違います。

バストアップ器具や美顔器としても使用することが可能な脱毛器なのです。

モーパプロを使うだけで、ムダ毛を処理できるのはもちろん、豊胸できて美肌にもなれるわけですから、人気がでるのも当然でしょう。

機能が複数ありますが、操作は容易で使いやすいです。

脱毛器を使用して永久脱毛をしたいと考えている人も多いかもしれません。

脱毛器の種類には脱毛クリニックで使用されているレーザータイプがあります。

でも、安全のために配慮して出力を弱めなければならないので、残念ですが永久脱毛することはできません。

永久脱毛がしたい場合、脱毛クリニックを受診して医療脱毛をされるといいでしょう。

毎日ムダ毛処理をするのに時間がもったいない、水着を着るので無駄毛処理をきちんとしたい。

そんな方におすすめするのが家庭用の脱毛器です。

ただし、家庭用脱毛器にも選ぶポイントがあります。

おすすめは、脱毛サロンでも採用されている光脱毛型の脱毛器です。

ソイエなど、毛を引き抜くタイプの脱毛器は、光脱毛のように毛母細胞を破壊することもなく、無理やり毛を引っこ抜いているだけですので、毛母細胞が消滅し次第に生えてこなくなるという原理はありません。

また、ノーノーヘアーという脱毛器は毛を熱線で焼き切るタイプの脱毛器ですので、カミソリでのムダ毛処理と同じですから当然伸びてきます。

脱毛器アミューレは、パナソニック製の全身を泡で脱毛する器具です。

ムダ毛を泡が絡めとり、根っこからキレイにスルリと抜き取ってくれます。

コードレスなのでどこでも使用でき、お風呂でも使えます。

口コミでは凹凸があっても脱毛できるし、使いやすさが評判です。

コストパフォーマンスの面から言っても優秀なので、人気の脱毛器なのです。

脱毛器は手頃なところで1万円程度のものもあれば上は10万円くらいするものもあって、価格差に驚かれることでしょう。

メーカー独自の販売努力や価格設定などもあるので、高い製品ほど性能や満足感が高いとは言えませんが、その中でも言えることは、安物は値段相応の性能であることが当たり前といえば当たり前ですが、多いです。

安かろう悪かろうという製品をつかむくらいなら、買わないほうがマシですし、使用経験者の感想を集めたサイトなどでよく調べてから選びましょう。

amazonで脱毛器を検索し、評価順で並び替えてみたところ上位の商品がVekiaとOudayの商品で占めていることがわかりました。

画像を見る限りVekiaとOudayの商品は同じもののようですが、メーカーが違うのはどういうことなのでしょうか?Vekiaというメーカーの脱毛器はIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

一方OudayもIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

ちなみにどちらも重さは581gです。

商品説明をしている画像は違うのですが、商品自体はやはり同じにしか見えません。

なお、1位の商品には450件以上のレビュー、星5評価となっています。

評価が偏り過ぎているのが不自然ですし、やらせを疑うレビューもあります。

口コミを信用して購入を決めるという人も多いかと思いますが、レビューというものは賛否両論あるのが普通ですから、口コミを見極める力を持つことも大切です。

家庭用脱毛器でのアンダーヘアの脱毛を考えているのなら、アンダーヘア対応製品であることをメーカーサイトで確認したうえで選ぶ必要があります。

参考:ケノンで濃いヒゲ抜けない?髭脱毛の効果を口コミ!【体験3カ月の本音】

非対応機種でなぜ非対応なのか考えもせずに脱毛を行うと、熱傷による深刻なトラブルとなったり、炎症を起こすこともあります。

炎症を起こした肌はそれ以外の方法で脱毛しようとしても、ダメージが治るまでは施術できませんので、メーカーが推奨している用途以外での使用は避けなければいけません。

また、アンダーヘア脱毛対応機種の中でも、出力を調整できるものなら、刺激の強さを加減できて、痛くて使えなかったということもないでしょう。

最新の脱毛器を使えば肌荒れや火傷をしてしまう恐れはないでしょう。

脱毛器の中でもフラッシュ方式であれば、まずはそういったことはないことです。

けれども、どれほど優れた性能の脱毛器でも間違った使用法をしてしまうと危険です。

特に顔を脱毛するケースでは細心の注意を払いましょう。

また、脱毛の前後に肌を冷やしておくことで、肌荒れを予防することが出来ます。

脱毛できる(と言っている)機器の中には、思ったような効果が得られないようなものもあります。

同じ方式なのにあまりにも安すぎる場合、値段を上回る素晴らしい効果があるのか(あれば爆発的に売れていますが)、同じ方式の他の機種などと比較してから購入したほうが良いでしょう。

安価な脱毛機によくあることですが、使ってみたら痛いし調整もできない、うるさいという感想も多いですし、タイプによって毛を除去するときの臭いがあるなどの問題点もしばしば指摘されています。

安い価格にはそれなりの効果とデメリットがつきものだと思い、検討のために時間を割くことは大切だと思います。

光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛器は、黒い色素(メラニン色素)に反応し毛母細胞を破壊し脱毛を促す仕組みになっています。

そのような仕組みが故、ほくろに過剰に反応してしまう恐れがあるのです。

小さなほくろであれば、そんなに気にしなくても大丈夫だと思いますが大きいほくろの場合、火傷してしまう恐れがありますので保護シールを貼ってから照射すると良いでしょう。

ソイエのようなムダ毛を引き抜くタイプの脱毛器なら、ほくろは気にしなくても良いのですが、毛を無理やり引き抜く脱毛器は、出血が起こりやすかったり埋没毛になりやすかったりするので、色素沈着の原因になります。

ブラウンというと、電気シェーバーのイメージがあるという方も多いかと思いますが、女性用の脱毛器もあるって知っていましたか?光脱毛というものは、黒いものに強く反応する仕組みですので、肌の色が濃い場合には、火傷をしてしまう恐れがあるのですが、光美容器シルク・エキスパートは世界唯一の技術で、肌の色に合わせて光を調整することができるので、最適な効果と安全性を実現しています。

シルク・エキスパートは、ベーシックとプレミアムの2モデル展開されているのですが、ベーシックモデルの照射間隔は3秒なのですが、プレミアムモデルの照射間隔は1、2秒だったり、光の調節段階についてもベーシックモデルは3段階までですが、プレミアムモデルは10段階もあるなど、値段に違いはありますが、どうせ買うならプレミアムモデルのほうがオススメです。

比較的手頃な価格帯の中にも、ひときわ安い脱毛器があったりしますが、「もう少し上のものを買っておけば」というレビューが多いように、思っていたような脱毛効果が得られないようです。

せっかく脱毛器を購入するのですから、出費がムダにならないよう、自分が満足できる性能を持った製品を選べば、後悔しないでしょう。

安い商品に比べれば、この価格で良いのかと迷うかもしれませんが、期待はずれとわかっていて安いものを購入するのは無意味だと思います。

満足な効果が得られるような器具を選ぶべきです。